世界の販売 見積もりを取得

企業履歴

将来

I HOLLANDは更に高い基準を求めて努力をし続けます。新しい製造技術、良い人材、トレーニングへの投資は絶対的なものであり、現在から将来にかけて顧客満足度を高めることを目標としています。

沿革

2015

それは私オランダのために忙しい一年をされています。マネージングディレクターとクリスは会長と私オランダボード上の非業務執行取締役になったとして、デビッド・ハインズクリスプリドーから引き継ぎました。スティーブ・ディーキンはまた、ボード上のカスタマーサービスディレクターの新しい位置を取り、経営チームの一部として残りました。私ホランドはまた、新しい販売し、また取締役会と経営陣に行われたマーケティングディレクター、ハビエルRaposoを、歓迎しました。

私ホランドはまた、両方の偉大な成功を収めて、フランクフルト、除幕式のXDFと私オランダ工具管理システムにACHEMAで成功したショーがありました。新しいトレーニングアニメーションの私オランダの範囲も示され、今後のセミナーで外観を行います

2012

I HOLLANDは打錠時の一番大きな問題であるスティッキングを化学的な面から解析し、処方や使用APIに対して一番効果的と思われるコーティングをスピーディーに、尚且つ無料でご推奨するための「TSARプロジェクト」を立ち上げました。同年には新しいMF40杵臼研磨機をフランクフルトのアヘマで世界中に紹介しました。

2010・2011年

I Hollandには、以前により多くの国々でより多くのお客様へ杵臼販売の年間記録を達成したことがあります。顧客サービスへの強いコミットメントの一部として、I Hollandは新しい顧客受け入れ施設および生産設備に多額の資本投資を行いました。これによって、I Hollandは、生産能力を拡張し、世界90か国以上に最高品質の顧客サービスを提供し、競合力のある納期を維持しています。

2009年

2009年4月、I Hollandは所有権の変更を行いました。すなわち、新しい所有者としてクリス・プリドー(代表取締役)、スティーヴ・ディーキン(事業開発取締役)、およびデービッド・ハインズ(財務担当取締役)が就任しました。2009年には、フランクフルトで人気のアヘマで展示会が開催され、その期間中I Hollandは、印象的な耐摩耗性の PharmaCote® 'RS'を紹介し大きな成功を収めました。

2008年

2008年に、I Hollandは、鋼材とコーティングの技術的先進分野へ事業範囲を拡張しました。これらの製品は、4月にデュッセルドルフで開催された非常に成功したインターパックで発表されました。I Hollandは、2008年の初めに最新のグラインディング技術を取り入れ、製造工程の完成に投資を続けています。

2007年

2007年5月には、I Hollandは「杵臼の始めから終わりまで」というテーマのセミナーを開催しました。2日間にわたってI Hollandサイトでイベントが開催され、錠剤設計から、杵臼のメンテナンスからアフターケアに至るまで、錠剤成形工程全体の包括的な概要が提示されました。

2006年

2006年9月に、I Hollandは事業の60年周年を記念して、本社で代理店セミナーを主催しました。世界中から30人以上の代表が技術的なセミナー、実地練習セッション、および現場での広範囲な製造設備ツアーを含む3日間のイベントに参加しました。

2004年

マイク・グローバーが辞任し、クリス・プリドーにM.D.の役割を譲渡しました。デービッド・ハインズは、財務担当役員として取締役に加わりました。さらに、ロボットおよび自動システムが実行されました。

2003年

ロボット工学、オートメーション、および集中管理を使用する「イニシアチブ2000」のクリス・プリドーが、次期常務取締役として獲得入社しました。デービッド・ハインズが、会計監査役として入社しました。

2000年

第2回代理店セミナーがI Hollandにおける研修所および会議施設で開催され、世界各地から約40の代理店が杵臼の新開発に関して新しい情報を得ました。これは非常に成功したベンチャーとなり、さらに定期的に開催される予定です。

1987 - 1999年

I HollandはISO 9002品質認可を取得しました。

スティーヴ・ディーキンが取締役に任命され、また、会社のPharmaCare設備事業部が、I Holland関連製品の需要拡大に対応する目的で、設立されました。

最初の代理店セミナーが開催されました。

「イニシアチブ2000」プロセス・エンジニアリングに着手。

1969 - 1975年

現在I Hollandの取締役であり、錠剤用杵臼に関して世界的権威の一人として知られているトレヴァー・ヒギンズによる、I Hollandの最初の実習生についての見解。

I Hollandは、現在のロングイートンのメドウレーンに移転し、同年、初めての製薬大展示会、インターフェクス「70」ロンドンにおいて展示しました。

次の5年間に、第3回の敷地拡張が行われ、また、最初のコンピューター化された注文処理システム、コンピューター支援マシン、CNC旋盤、およびワイヤーEDMマシンに投資が行われました。

1964 - 1967年

最初の「母型と錠剤見本」が、現地会社グッドエーカー・エングレービングによって遂行された仕事の結果、生産され、I Holland株式会社は、最長の持続的成長と発展の時代が始まりました。1967年から1970年までの間に、ホビングプレスの生産能力が増大し、ICI熱処理プラントが設置され、さらにまた、冷間加工杵のへッドの実験の結果、I Hollandがプロセスの特許を取得しました。従業員数は40人にまで上昇し、また、輸出も増加し始めました。

1910 - 1946年

I Hollandは、その起原をはるか1910年にまで遡ることができます。当時、ホランド&ブルイルという名前で、イスラエル・ホランド氏によって総合エンジニアリング機械加工の会社として設立されました。

錠剤成形産業に専念するという意思決定が下され、それ以来、会社は、創業者2人の作業から錠剤圧縮杵臼の世界最大のメーカーおよびサプライヤーの1つにまで成長してきました。